怖いコピペ/彼女ほしい

意味がわかると怖いコピペの意味、解説、まとめサイト

2013年05月

友達のいたずら

ふと突然夜中にトイレがしたくなってさ、トイレに行ったのよ
そしたらトイレの窓から何かが覗いてんの
何かっていうか人の顔?みたいなのが窓の外に見えてさ、本当に怖かった
だから俺一階のトイレでするの諦めて二階のトイレに行ったのよ
そしたら二階のトイレにも窓から顔が見えてもうほんとびっくり
結局しばらくの間トイレに行けなかったね

でもなぜか段々、このままやられっ放しだとむかつくなって思ってきたんだよね
怖すぎて逆の発想になっちゃったのかトイレが我慢出来なかったのか
だから俺夜中にパジャマ姿とサンダルで外に出たのよ
トイレの窓の外にいる幽霊の正体確かめてやるってね

そしていざ出たらそれがなんとも笑える話でさ、
なんか近所に住んでる俺の友人が、俺の家のトイレの窓の前に居るんだよ
こんな夜中になんでお前そんなとこに居るのって聞いたら
そいつどうやら俺を怖がらせたかったみたいで
さっき見えた窓の外の顔はそいつだったっていうなんとも馬鹿な話。
笑っちゃうだろ?

夜中に1人で何してるんだって感じだよなほんと


解説
友達首ながすぎ

落石

ある家族が妻の実家に遊びに行くために田舎までのバスに乗っていた。
山のふもとあたりまできたときに、子供が「おなかへった」とだだをこね始めたので、しょうがなく途中のバス停で降りて近くの定食屋で食事をすることにした。

食事が終わり定食屋に設置されているテレビをふと見ると、さっきまで家族が乗っていたバスが落石事故で乗員全員死亡というニュースが流れていた。
そのニュースを見た妻は、「あのバスを降りなければよかった…」と呟いた。
それを聞いた夫は、「何を馬鹿なことを言っているんだ!」と怒鳴ったが、
すぐに「あぁ、なるほど。確かに降りなければよかった…」と妻の意図に気づく。


解説
自分たちがおりてタイミングがずれた事によってみんな死んだから

古いカメラ

「やるよ」
そう言って親父が俺に渡したのは、古いカメラ
「これにはな、人の死に顔が写るんだよ」
「は?全然面白くねーよ」
親父は黙ったままだった
数ヵ月後、親父は死んだ
急性の心臓発作だった

それから数ヶ月経ち、カメラの話を怖いもの好きの彼女が話してみた
「そのカメラのはなし、本当なの?」
「撮ってみるか?」
「そうしよっか」
おい待て、冗談で言ったんだぞ
だが、後には引けない…

カシャ
「なんだよ、コレ」
俺の顔はいつもと変わらなかったが、彼女の顔が血塗れだった
「なんかイタズラしたんでしょ!?」
もちろんしていない
それに、写真を撮ろうと言ったのはそっちじゃないか
取り乱したまま、彼女は帰ってしまった
…俺が逆の立場だったら、そう思うと責める気にはなれない

数日後、彼女が交通事故で死んだ
聞いた話だが、顔は血塗れだったそうだ
「苦しかっただろうな」

写真を見せて以来、ずっと怯えていたらしい
あの写真を撮らなければもっと楽しく数日生きられたんじゃないか、と考えてしまう
俺は彼女の分も強く生きようと思った



解説

「自分は普通に写った」という事は今より年とってなくて事故とかでもない。
つまりもうすぐ死ぬ。

菊の花

初めて書き込みします。
私は結婚して2年目。
平日は仕事で休みは土日。
いつもは洗濯や掃除をまとめて土日にするのですが、
今日はなんだか気が進まず、昼寝したりボーッとしたり。
夫もいつまでも起きてこないので、気にせずまったりと過ごしていました。
正午くらいに、インターホンが鳴り、モニターを見ると
知らない女の人が。30~40台の女性です。
何かの集金?夫の知り合い?
夫は起きてこないので、確かめることも出来ず、
とりあえず私もパジャマのだらしない格好のままだったので、
応答せずにいると、階段を降りて帰って行く音が聞こえました。
すると3分後、またインターホンが鳴りました。
同じ女性でした。
気味が悪いのでやはり返事をせずにいると、また帰って行きました。
夕方になり、晩ご飯の材料を調達するため外にでようと玄関のドアを開け、
鍵をしめようとすると、郵便受けに、透明のセロハンにくるまれた
一輪の花がささっているのを見つけました。少しぐったりしている花でした
その花が菊の花であり、仏花であることに気がつき、
徐々に事の重大さを理解し、怖くなりました。
どうして!?なんで!?とパニックになっているうちに、
昼に尋ねて来た女性のことを思い出しました。
彼女は誰なのでしょう。
そして彼女は、何故知っているの!!??


解説
ストーカーか誰かに夫を殺したのを暴露している


だから花置いてる。

ユウタ起きろ


「ユウタ起きろ⁈」
仏頂面な父さんにしては珍しいほど驚いた顔で俺の部屋に入って、俺を起こすと無理矢理に居間のテレビの前に引っ張って行った。俺はこの後、衝撃的な事件を知る事になる……

話しは昨日の夜中にさかのぼる。
俺の携帯に彼女から電話が掛かってきた。
「こんな夜中にどうしたのさ」
『グス…グスン……』
彼女は泣いているようだった
『……お願い、私のこと思い出しながら聞いて』
「…えっ⁈どういうことだよ?」
俺の問いには構わず彼女は独り言のように呟いた
『ユウタ 好き…』
俺は思った、夜中に泣きながら掛けてきて愛の告白かよ。これだから女ってやつは…
『溶けて』
「⁈」
ここで突然きれた
その後、何度掛けなおしても繋がらかった。

そして、次の日の朝……冒頭に戻る。
俺はテレビのニュースを見て愕然とした。
「……犯人はナイトウ ユキさん(14)で、家族を殺害したあと焼身自殺をはかったとみられ……」
報道されているのは正真正銘俺の彼女だった。…つまり昨日、家族を皆殺しにする前か焼身自殺をはかる前に電話を掛けてきた事になるのか……!

俺はゾッとした



解説
犯人=彼女つまりナイトウユキは彼女の名前
彼女は私を思い出しながら聞いてといった
そして彼女がユウタ好き溶けてと言った

俺がユウタ好き溶けてを良く読んでその意味を考えてみて



ユウタスキトケテ 無い トウユキ

ギャラリー
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ